カメラがないと不安

2018-09-21 14:22:58 投稿者:技術工事部 嵐友之

先日、マンションに防犯カメラを設置していただいてるお客様のカメラ修理にお伺いした際に、お客様が「普段あたり前に見れてたものが見れないと不安だった」との事。防犯カメラはカメラがあることで犯罪抑止につながること、また人の目だけでは補えない部分も見る事ができます。もはや防犯カメラは、設置しててあたり前=安心した生活を送るには重要なパートナーになってきているのではないでしょうか。

| カテゴリ:街頭・商店会・町会 | コメント(0) | トラックバック(0) |

生体認証システム

2018-09-20 10:18:58 投稿者:技術工事部 笹本卓也

現在、入退管理の運用方法はICカードを使ったシステムが一般的ですが、指紋認証・顔認証・静脈認証等の生体認証システムが近年多く導入さてきております。生体認証はICカードと違い偽造・複製・盗難・紛失がほぼ不可能でセキュリティ性が向上します。iphoneXが顔認証を採用した事で、スマートホンも指紋から顔認証に支流が変わるかもしれません。生体認証による出入管理・勤怠管理のご相談は是非、株式会社セキュリティハウスまで。

| カテゴリ:店舗・事務所・工場 | コメント(0) | トラックバック(0) |

立地にあった対策を!

2018-09-14 12:52:56 投稿者:情報営業部 情報2課 富永

 秋は祭日が多く、近距離のレジャーや買い物で終日出かけたり、旅行の為に自宅を留守にする事も少なくないと思います。自宅を空ける際、空き巣等の被害に遭わないように、留守とわからせない為の工夫も忘れないようにしたいものです。しっかり施錠するのは勿論、留守番電話を長時間セットしたままにしない(出来れば転送を)新聞、郵便をためない、雨戸は閉めない(昼間に雨戸や厚いカーテンを閉め切るのは、留守とわかるようなものです。)など、今すぐ出来る対策も沢山ありますが、人目に付きにくい場所には防犯カメラを設置したり、動く物体を感知して点灯するセンサーライトの設置を考えてみるなど、防犯専門のスタッフに、ご自宅の立地に合った対策を相談してみるのもお勧めです。

| カテゴリ:マンション・住宅 | コメント(0) | トラックバック(0) |

街頭防犯カメラ設置場所

2018-09-04 10:12:38 投稿者:情報営業部 情報1課 立川彩理

 町会役員様・商店会役員様より「街頭防犯カメラを設置したいがどこに付けたら良いか?」とご相談をよく受けます。町会様の場合、東電柱、NTT柱を使用して設置するケースが多いのですが撮りたい画角近辺に電柱が無い場所もございます。その場合、現場調査をさせて頂き、ご希望される場所全てに設置可能とは行きませんがビル・マンション・一般住宅壁面・信号柱等に設置する事が出来る場合がございます。ぜひ、ご相談ください。

| カテゴリ:街頭・商店会・町会 | コメント(0) | トラックバック(0) |

東京五輪に向けてのセキュリティー対策

2018-08-27 15:24:54 投稿者:情報営業部 情報2課 榎本

 開催まで2年弱となった2020年東京オリンピックに向けて、現在さまざまなセキュリティ対策が進められています。報道によると、オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は2020年の東京五輪で史上初めて顔認証技術をセキュリティー対策として利用すると発表しました。顔認証は観客ではなく、30万人以上におよぶ出場選手や大会スタッフ、ボランティア、報道関係者に対して使われる予定。40カ所以上の会場への出入りには電子チップを内蔵したIDカードが必要となるとの内容でした。やはり最先端を行くセキュリティ対策、目的はセキュリティを強化し許可された人物の入場を迅速化することだそう。特に大きな国際大会であればセキュリティの万全と安心安全対策は必須かと思います。そして仕事柄、気になるのは防犯カメラ。各競技会場、関連施設などに実際はどのくらいの台数を設置するのでしょう。以前から監視カメラの設置については、人権とどう共存させるかを問題視されることもありましたが、今やカメラの効果に加え周囲の防犯意識も年々高まったように感じます。弊社も防犯のプロであればこそ、あらゆる場面を想定した上でお客様のニーズに柔軟な対応を心掛けてまいりました。今後は日本に限らずカメラの需要は確実に増えていくと予想されます。他国から見る東京のイメージは「巨大都市であるにもかかわらず治安が良く静か」だそう。まだ少し先の話になりますが、2020年東京五輪が全てに於いて期待の持てる大きな成果をあげられるよう、その日を楽しみに待ちたいと思います。

| カテゴリ:街頭・商店会・町会 | コメント(0) | トラックバック(0) |