輝く太陽の中へ…

2019-11-08 13:01:33 投稿者:技術工事部 柳澤悟

 ラグビーワールドカップ!!日本チーム素晴らしい試合でした!活躍した一人、「笑わない男」?と言われている稲垣選手。彼のトライも記憶に新しいと思います!また次の大会での活躍を期待します!と言いたいところですが、あの過酷な試合を観ていると相当なトレーニングを積んでタフな試合を続けるのはかなりの覚悟と忍耐がいるのではないかと思います。そりゃ~それだけ緊張感のある現役選手を続けていれば簡単に笑顔にはなれないね!と思う一方、「ん?今、稲垣選手笑ったよね?」と感じたときもありました。何が言いたいのかというと、人それぞれ違う顔や笑顔。稲垣選手の笑顔を感知するかどうかは分かりませんが、デジタルカメラ機能で初めて笑顔を感知する機能や登録した家族などの顔を識別する機能のカメラが発売されたときは驚きました!最近、日本でも顔認証システムはスマホのロック解除、オフィスなどへの入退室、万引き防止、コンサート会場への入場、入国審査などで使われ始めてきました。意外といろんな分野で使われていて動物保護や養殖の現場でも活躍しているそうです。来年の東京オリンピック・パラリンピックでも関係者の全会場への入場に顔認証が使われるとのこと。安全と安心の確保は、最高の試合やパフォーマンスを生み出すのに必要な要素の一つだと思います。これは普段の生活も同じで、子供たちが勉強やスポーツなどに集中するのにも環境作りは大切です。時々、安全安心な環境づくりを見直して考えてみるのも良いかもしれませんね。過酷すぎて笑顔認識されることが無いであろうラグビーの試合、オリンピックで日本が優勝し笑顔認識されシャッターが押される日を期待します!

| カテゴリ:未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |

防犯カメラの実用性

2019-10-31 15:09:25 投稿者:技術工事部 紅松 慎一郎

先日バイク販売店に空き巣が入りバイクを盗むという事件が発生しました。幸いにも防犯カメラを設置していたため犯行の一部が録画されておりその様子がニュースにも載っていました。防犯カメラは犯罪を抑止するだけでなく犯罪の証拠にもなり、早期解決に向かう場合もあります。気になる方は是非当社へお越しください。

| カテゴリ:未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |

ホームセキュリティの重要性

2019-10-24 12:13:33 投稿者:技術工事部 小倉久典

今年も侵入犯による凄惨な事件が起きてしまいました。ニュース番組で報道されるたびに心が痛くなりました。そして、犯人を絶対に許してはいけません。犯罪を起こさせないことや巻き込まれないためにも、自宅や街中のセキュリティ機器の重要性を再度、実感してもらえたらと思います。自らの身を守るホームセキュリティシステムや防犯カメラシステムの導入の検討を考えてみては。

 
 

| カテゴリ:未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |

レコーダーの便利な機能パートⅡ

2019-10-21 10:09:12 投稿者:技術工事部 新川憲一郎

 カメラ映像を見る時、未だに何時間?何日?永遠と画面を見つめて疲れてませんか?最近はスマートホンでも映像確認出来ますがパケット通信量が気になりますよね。もっと簡単に素早く犯行を見たい時に役立つのがイベントサーチと云う機能です。マンション等の出入口にセンサーを組み合わせる事で自動ドア等が開いた時間を記録し、その時間だけを検索する事で検索時間や犯行確認の効率が大幅に上がります。

 

| カテゴリ:未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |

防犯カメラがもたらす効果

2019-10-04 14:01:05 投稿者:技術工事部 大木武士

毎年、全国の警察が刑法犯の認知件数を発表します。所謂「犯罪認知件数」というやつですね。 今年の上半期分暫定値が警察庁から発表されましたが、34,581件の減で、戦後最小ペースとのこと。 昨年同期比で8.7%の減少だそうです。 警察庁の担当者曰く、「防犯カメラの普及なども影響しているのではないか」とのことでした。 実際に、防犯カメラが容疑者特定の手掛かりになったケースは全体の1割近くを占めています。 お気づきの方も多いとは思いますが、特に人口密集地域では、駅・ビル・電柱等にものすごい数の防犯カメラが設置されています。 これに映らずに悪い事をするのはほぼ不可能ですよね。私も防犯カメラのプロなので生活範囲に設置されているカメラの配置がある程度は頭に入っていますが、不自然でなく映らずに会社まで通勤はできないだろうなぁ、と思います。 見守られている安心感、見られている抑止力。 これからの社会の安全・安心を守るお手伝いを、私たちは続けています。

| カテゴリ:未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |