電車内カメラ搭載に期待

2019-08-29 09:49:50 投稿者:情報営業部 情報2課 榎本

 これは気付かないかも?という、新しいカメラを京浜東北線車内で発見しました。現状、各路線で起こっている電車内迷惑行為痴漢などへの犯罪抑止力の向上も期待できる取り付け位置のようです。以前はドア側の上に丸いカプセルカメラが付いていたと思いますが、今回は乗降ドア付近のLED蛍光灯ホルダー端にそった形で設置され、一瞬は防犯カメラと分かりづらい感じで取り付けられています。そして反対側の対角線の方向からも別に1台ありました。連日、電車内でよく耳にする「ただ今、お客様同士のトラブルで対応しています」と車内アナウンスが流れていることを考えますと、私自身も防犯カメラはあって当然かと思います。とはいえ、残念ながら防犯カメラの設置だけでは根本的な解決には繋がりません。設置が遅すぎたのでは?との声もある様で、各々が少しでも不快な思いをしない為の証拠となり抑止に繋がる一番有効な手段であることを願い期待したいですね。

 
 
 

| カテゴリ:その他 | コメント(0) | トラックバック(0) |

クレーマー対策、従業員教育に

2019-08-23 13:24:01 投稿者:情報営業部 情報1課 高橋めぐみ

SNSはもう日常生活には欠かせないツールとなりました。 TwitterやFacebook、インスタグラムやLINEなど、どれか一つでも使っている人は多いのではないでしょうか。 それに伴い、節度をわきまえない投稿もニュースなどで取り上げられています。 レジ周りでのモンスタークレーマー、厨房での悪ふざけの投稿など記憶に残るものも有ろうかと思います。 企業の信頼を損なわぬよう、嫌な話ではありますが、店内やバックヤードにも抑止対策を取らなければなりません。 抑止効果の高い防犯カメラに加えて、店頭でのクレーマー対策には集音マイクにより証拠を残す事も有効です。 天井取付型はドーム形状で天井へスマートに設置することができます。 バッチリ記録を残し大切な会社・社員を守りましょう。

| カテゴリ:未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |

集合住宅に設置するカメラシステムについて

2019-08-16 12:22:09 投稿者:情報営業部 情報1課 立川彩理

 最近の新築分譲マンション広告を見ると世情を反映して予め防犯カメラを設置販売している物件が多く感じます。設置場所は集合玄関付近・エレベーター内等記入されていますが何か有った時に確認するモニターや録画装置が置かれている場所、何日間画像録画されているか等案内されているものはほとんど目にしません。(多くは管理室に設置)最近の防犯カメラは高性能な物が設置して有る物件も多く、設置して有る事で犯罪抑止効果にも期待が持てます。しかし、なにか事が起こってしまった場合、犯人検挙にカメラの性能+録画画像・期間が重要に成って行きます。最近は単身者向けマンションを中心に常駐管理人さんではなく、ゴミ出しなど決まった時間のみ通って来る管理人さんを採用している建物が多いと聞きます。弊社ユーザー様物件で常駐から通い管理人さんに変更に成ったマンションで液晶モニターを管理室から集合玄関付近に壁付け変更提案し住民皆様でカメラ画像を監視、不審者対策に効果を上げているマンションもございます。ありきたりのプランニングではなくそのマンションに合ったご提案が出来るものと自負しております。ぜひ、新規設置だけでなく防犯カメラリニュアル(カメラシステム耐用年数は概ね6,7年と言われています。)をご検討なさる時期が来ましたらお声を掛けて頂けたらと思います。

 

| カテゴリ:未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |

防犯カメラを設置するメリット

2019-08-16 10:22:56 投稿者:システム管理営業部 遠藤百果

 マンション内において、防犯カメラを設置を検討する際に「駐輪場にて自転車が盗られた」「ゴミ出しのマナーに問題がある」などの事例が増えてまいりました。このような事例に対して防犯のプロの観点からご提案させて頂いております。防犯カメラのメリットとしまして、①抑止効果 ②映像としての記録を残す 主にこの2点が挙げられます。会社設立から防犯一筋45年目を迎える実績ある会社ですので、マンション管理組合様を始め是非ご検討頂ければと思います。

| カテゴリ:マンション・住宅 | コメント(0) | トラックバック(0) |

ダミーカメラについて

2019-08-01 11:16:58 投稿者:システム管理営業部 リベラケント

ダミーカメラは、本物の防犯カメラのように撮影機能がついておらず、本物に見せる偽物のようですが、もちろん録画機能もありませんし、価格が安く、ネットで検索すればビュレット及びドーム型など様々な商品が出回っています。本物のカメラが壊れてしまったものをダミーカメラとして販売したり、最初からダミーカメラとして製造される商品もあります。なんと、最近ではゲームセンターで景品としてもドーム型のダミーカメラが出回っているようです。上記内容はダミーカメラについて非常に容易的なモノだと考えられますが、果たして防犯面ではどうなのか。威嚇撃退としては効果を発揮することもありますが、犯人などによる証拠能力としては不十分とみられます。もしも、家に犯人が侵入し、イタヅラなどをしていたら、ダミーカメラでは1秒も録画されていないので、犯人がやったという証拠がありません。しまいには、警察に提出する証拠もなく、犯人特定は皆無になってしまいます。防犯カメラは名前の通り犯罪を防ぐものであり、防げなかった時は犯人が行った犯罪の手口の一部始終録画するわけですから、すくなくとも、ダミーカメラよりも断然本物の防犯カメラを設置していた方が物事が起きた際、あなたの大切な資産を守ることができます。なので、防犯カメラを設置するなら、ダミーではなく本物を設置することを当社では推奨しています。

| カテゴリ:マンション・住宅 | コメント(0) | トラックバック(0) |