防犯カメラ筐体の大きさ

2017-12-22 10:22:19 投稿者:システム管理営業部 山口哲也

 防犯カメラといえば一昔前は筐体が大きいものが一般的でしたが、年々そのサイズは小さくスマートになってきていると感じます。

以前はハウジングと言われる防犯カメラを収納するケースに入れて設置することが通常でしたが、現在は一体型となっているものが雨や埃が入りにくいというメリットもあり主流となっています。
数年後はどのような形状になっているかはわかりませんが、もっと色々な面でスマートになっていることでしょう。
 
 

| カテゴリ:マンション・住宅 | コメント(0) | トラックバック(0) |

コメント


コメントはありません。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:


トラックバックはありません。

コメント投稿フォーム

名前:
URL:
コメント: