集合住宅に設置するカメラシステムについて

2019-08-16 12:22:09 投稿者:情報営業部 情報1課 立川彩理

 最近の新築分譲マンション広告を見ると世情を反映して予め防犯カメラを設置販売している物件が多く感じます。設置場所は集合玄関付近・エレベーター内等記入されていますが何か有った時に確認するモニターや録画装置が置かれている場所、何日間画像録画されているか等案内されているものはほとんど目にしません。(多くは管理室に設置)最近の防犯カメラは高性能な物が設置して有る物件も多く、設置して有る事で犯罪抑止効果にも期待が持てます。しかし、なにか事が起こってしまった場合、犯人検挙にカメラの性能+録画画像・期間が重要に成って行きます。最近は単身者向けマンションを中心に常駐管理人さんではなく、ゴミ出しなど決まった時間のみ通って来る管理人さんを採用している建物が多いと聞きます。弊社ユーザー様物件で常駐から通い管理人さんに変更に成ったマンションで液晶モニターを管理室から集合玄関付近に壁付け変更提案し住民皆様でカメラ画像を監視、不審者対策に効果を上げているマンションもございます。ありきたりのプランニングではなくそのマンションに合ったご提案が出来るものと自負しております。ぜひ、新規設置だけでなく防犯カメラリニュアル(カメラシステム耐用年数は概ね6,7年と言われています。)をご検討なさる時期が来ましたらお声を掛けて頂けたらと思います。

 

| カテゴリ:未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |

コメント


コメントはありません。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:


トラックバックはありません。

コメント投稿フォーム

名前:
URL:
コメント: