防犯カメラがもたらす効果

2019-10-04 14:01:05 投稿者:技術工事部 大木武士

毎年、全国の警察が刑法犯の認知件数を発表します。所謂「犯罪認知件数」というやつですね。 今年の上半期分暫定値が警察庁から発表されましたが、34,581件の減で、戦後最小ペースとのこと。 昨年同期比で8.7%の減少だそうです。 警察庁の担当者曰く、「防犯カメラの普及なども影響しているのではないか」とのことでした。 実際に、防犯カメラが容疑者特定の手掛かりになったケースは全体の1割近くを占めています。 お気づきの方も多いとは思いますが、特に人口密集地域では、駅・ビル・電柱等にものすごい数の防犯カメラが設置されています。 これに映らずに悪い事をするのはほぼ不可能ですよね。私も防犯カメラのプロなので生活範囲に設置されているカメラの配置がある程度は頭に入っていますが、不自然でなく映らずに会社まで通勤はできないだろうなぁ、と思います。 見守られている安心感、見られている抑止力。 これからの社会の安全・安心を守るお手伝いを、私たちは続けています。

| カテゴリ:未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |

コメント


コメントはありません。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:


トラックバックはありません。

コメント投稿フォーム

名前:
URL:
コメント: