防犯カメラ設置用途様々!

2018-06-14 15:22:21 投稿者:セキュリティ営業部 木村善浩

  防犯カメラ設置の理由として、勿論防犯対策がありますが、医療受付、店舗レジでのトラブル確認、商品等の引渡し確認等、物流施設の商品出荷確認、事務所受付での来客確認、幼稚園・保育園での園児のケガ発生原因究明等、自宅のペット状況確認等様々な用途で設置される方がいらっしゃいます。

防犯カメラを検討されている方は、是非当社へ相談頂ければと思います。様々の用途をご提案して行きたいと考えております。
 

| カテゴリ:未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |

セキュリティの重要性

2018-06-14 15:19:42 投稿者:セキュリティ営業部 小河内 賢

  日々の営業活動の中で、ふと、「最近は防犯カメラの提案が多いな・・・」と思うことがあります。

確かに昨今の防犯カメラは映像も綺麗で、記録された映像から犯人逮捕となる証拠能力も高く、
抑止力もある防犯カメラシステムを導入することで、お客様からは大変喜ばれております。
しかし我々は防犯会社のプロとして、やはりセキュリティを導入していただきたいです。
【侵入されたらどうするか】ではなく【侵入されないためにどうするか】をモットーにこれからも皆様を
バックアップしてゆきます。
防犯カメラ、セキュリティを検討されている方は、是非当社へ相談頂ければと思います。
 

| カテゴリ:未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |

防犯カメラの画像

2018-06-14 15:13:54 投稿者:セキュリティ営業部 石川智也

 このブログが載る頃はそろそろ梅雨入りか?という話題が出ている頃かも知れません。実は今、ある事件の画像

再生支援を所轄署と行っているところです。200万画素の防犯カメラを設置して頂いているお客様宅へ訪問して
おりますが、付近に住まわれている方が不審死を遂げたため、最後に姿が確認出来た日から発見されるまでの数
日間の映像のバックアップをしています。実はこれが大変な作業で、16GBのUSBメモリーにカメラ2台分の映像を
バックアップするのに約2時間掛かり、取れる映像は約5時間しかないため、代わる代わる差し替えが必要な状況
です。それでも昔に比べると媒体も大容量化され、データ転送も高速になっていることを考えると、便利になっ
てきているのかなと思います。以上、お客様と所轄署からの依頼でグチをこぼしている今日この頃でした。
 

| カテゴリ:未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |

ネットワークカメラの落とし穴

2018-06-14 12:05:05 投稿者:営業部 大野俊典

 最近はインターネット経由で防犯カメラの映像をPCやスマホでも簡単に観る事が出来る時代になりました。ネットワーク経由の防犯カメラシステムは世界中の至る所で使われており、防犯や防災・ペットや子供の監視、職場の監督...利用方法は無限にあるようです。さて、以上の基本知識を踏まえ、今回のタイトルが何を意味するかといいますと、ネットは世界中で観る事が出来る・世界中に観られているって事です。この手の防犯カメラは、パスワードを設けて運用する事で第三者が観る事を防ぐ事ができるんですが、そのパスワードを設定せず購入時の「0000」で運用している人が意外に多いようです。??ロシアのサイト?で、こういう所謂「LIVE中継・inご家庭」もしくは「突撃!!隣りのコンビニレジ辺り」を集めて紹介されていますが、観られて困る人は今すぐにネットワーク防犯カメラのパスワード設定を行うことをお勧めします。映像を悪用される・・というよりは、例えば商用施設の防犯カメラ映像が世界中で見られるような事態を招いた責任を、誰かが負わなくてはなりません。これは誰も得しないお粗末な結果となってしまいますので、確認を!

 

| カテゴリ:未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |

監視社会

2018-04-16 14:58:44 投稿者:技術工事部 紅松 慎一郎

 防犯カメラが普及し、様々な事件の解決などに役立っています。このままいけば顔認証などで個人識別が可能になりさらなる監視社会になっていきます。少し先のことかと思いますがすでにこれを実現している国があります。中国です。中国には天網というカメラ監視システムがあり、AIにより映った人を高確率で識別し犯罪事件のスピード解決などに役立てています。これを実現する手段として、国民全てに適用されている身分証制度があります。身分証制度は戸籍を持つ者に適用され、顔写真付きの身分証が発行されます。政府はこの情報を管理することにより身分証を発行した国民に対して顔写真により個人識別が行えます。日本の場合、顔写真入りの身分証に運転免許証やパスポートがあります。2020年の東京オリンピックまでに顔認証を実現するならこの情報を利用すれば可能になるでしょう。未来は近いところまで来ているのかもしれません。

| カテゴリ:未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |