電車内カメラ搭載に期待

2019-08-29 09:49:50 投稿者:情報営業部 情報2課 榎本

 これは気付かないかも?という、新しいカメラを京浜東北線車内で発見しました。現状、各路線で起こっている電車内迷惑行為痴漢などへの犯罪抑止力の向上も期待できる取り付け位置のようです。以前はドア側の上に丸いカプセルカメラが付いていたと思いますが、今回は乗降ドア付近のLED蛍光灯ホルダー端にそった形で設置され、一瞬は防犯カメラと分かりづらい感じで取り付けられています。そして反対側の対角線の方向からも別に1台ありました。連日、電車内でよく耳にする「ただ今、お客様同士のトラブルで対応しています」と車内アナウンスが流れていることを考えますと、私自身も防犯カメラはあって当然かと思います。とはいえ、残念ながら防犯カメラの設置だけでは根本的な解決には繋がりません。設置が遅すぎたのでは?との声もある様で、各々が少しでも不快な思いをしない為の証拠となり抑止に繋がる一番有効な手段であることを願い期待したいですね。

 
 
 

| カテゴリ:その他 | コメント(0) | トラックバック(0) |

残念な設置の仕方

2018-08-17 14:56:40 投稿者:情報営業部 情報1課 高橋めぐみ

先日ある物件にお邪魔した際に見かけたカメラ…。記録は撮れているようですが、コンセントがむき出しで防水加工もされておらず無防備な状態で、施主も「これで良いのでしょうか?」とご心配な様子でした。もう一件は、適切な画角調整がされておらず放置。を連想させます。これでは却って「撮られていない」と安心させてしまうかのようです。犯罪抑止・事件捜査に非常に大きな役割を果たす防犯カメラ。設置方法や画角はきちんと業者と打ち合わせをし、有効な運用がなされなければいけませんね。

| カテゴリ:その他 | コメント(0) | トラックバック(0) |

偉大なる写真家の生涯

2018-03-30 18:16:55 投稿者:技術工事部 柳澤悟

 100年以上の歴史があるカメラですが、ここまで様々なカメラが様々な目的で使われてるのはここ最近の事だと思います。防犯、監視、医療、軍事、スポーツの分析や判定などパッと思いつくだけでも様々です。

普段、カメラそのものをあまり使わない人でも、猫や犬の動画などを観て楽しむ人もいるかと思います。私もパンダのシャンシャンの配信されている映像を観て癒されています。あの可愛らしさはニュースなどで短時間流れる映像だけでは物足りません。だからといって、しょっちゅう動物園に行く時間も無いので大変に重宝しております。
ただ、最近感動した映像、写真といえばカッシーニが撮影したものです。あるTV番組では「偉大な写真家」として紹介されていました。20年間の生涯で45万枚という写真を撮り続け、その生涯を終える直前まで撮影し続けていました。そして「グランドフィナーレ」と名付けられた最終ミッションによって最後は土星に突入し信号が途絶えたという事です。
探査機とはいえ、打ち上げから最後のミッションまでの計画された生涯は感動するものがあります。その探査機の生涯の記録を目的として撮影したのではないかと思うほど、なんともドラマティックな映像です。そんなカッシーニが遠い宇宙から送ってきた映像をまだ観ていない人は一度観てみてください!

| カテゴリ:その他 | コメント(0) | トラックバック(0) |

職業病

2018-03-26 09:38:58 投稿者:技術工事部 小倉久典

職業柄、身近なコンビニやいろいろなお店、街中の道路などカメラを探してしまいます。通学路カメラや街頭防犯カメラなど電柱などの高所に設置してある物も上を見上げて探してしまいます。実際に見つけた時はなぜか少し、嬉しくなってしまいます。いろいろな場所でカメラを発見する喜びを感じてみてはどうでしょうか?

| カテゴリ:その他 | コメント(0) | トラックバック(0) |

レコーダー入れ替え

2018-03-26 09:34:44 投稿者:技術工事部 笹本卓也

ここ数年でカメラ・レコーダーの高性能化が進んでおります。アナログ・ハイビジョン・ネットワークとバリエーションも豊富になってます。

新しい商品が出るという事は、古いカメラ・レコーダーからの入れ替えも増えてきます。
先日、レコーダーの入れ替えをして頂いたお客様に操作説明をした際に、『前のレコーダーの方が扱いやすかった』と指摘を受けたことがありました。
私共はレコーダーを毎日のように操作しているので、メーカーが変わったり同メーカーでも後継機に変わったりした時の操作感が変わる事にあまり違和感を感じません。
しかし、長年使用して頂いたお客様にはレコーダーの操作感が変わってしまう事に抵抗があったり不便に感じてしまう事があります。
操作説明をする際には抵抗感や不便さをなるべく感じないように取扱説明書に書かれないような操作説明を親切・丁寧行う事を心掛けたいと思います。
 
 

| カテゴリ:その他 | コメント(0) | トラックバック(0) |