色々使える電気錠

2022-04-08 11:40:48 投稿者:技術工事部 大木武士

ご自宅の防犯で一番最初に考えるところってどこですか?

防犯カメラ、機械警備、色々ありますがまずはしっかりとした鍵が掛かっているのが大前提ですよね。
この鍵もこの20年くらいでかなり防犯性能も進歩し、例えば10年以内に建てられた建造物であれば大半がくディンプルキーという簡単には解錠できないものが使われているはずです。(昔みたいな板を曲げて削っただけ、みたいな鍵は使わなくなってきています)
そして開閉を鍵による手動だけではなく電気信号で行うことができる「電気錠」もかなり一般的になってきていますね。
 
例えば数年前に建てた2世帯住宅の拙宅では、私の世帯・親世帯どちらのインターホンからでも、モニターに応対しながらインターホンのボタンで開錠することができます。
買い物から帰ってきた家族に呼び出されれば、玄関まで行って鍵を開けてあげなくても入れるわけですね。
機種によっては登録したカードやスマートフォンのFeliCa機能をかざすだけで開錠できたり、鍵に付いているボタンで開けられるものもあります。
ここまでは今どきの住宅事情としては、かなり一般的な機能となってきています。
 
 
更に、他の機械と組み合わせる事でさらに便利に使う事もできるんです。
例えば、登録してあるタグを身に着けていれば接近するだけで鍵を開けてくれる機能。
これはタグリーダーという装置と電気錠制御器の組合せで実現できます。
自動ドアと連動すれば特定の人物のみ招き入れることができます。集合住宅の共用部入口等でも便利ですね。
顔認証カメラ、静脈認証装置、指紋認証装置、光彩認証装置等の個人を特定できる装置と組み合わせてカードやタグを持っていなくても出入りを管理することも可能。
電気錠の開閉を制御する装置と個人を特定する装置の組合せで、本当に色々な出入り管理システムが構築できます。
 
あなたの住環境、職場ではどのような運用が便利でしょうか?
防犯専業の弊社でしたら本当に色々なご提案が可能です。
便利さと防犯性能の両立ができるベストプラン、是非一緒に考えさせてください!

| カテゴリ:マンション・住宅 | コメント(0) | トラックバック(0) |

コメント


コメントはありません。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:


トラックバックはありません。

コメント投稿フォーム

名前:
URL:
コメント: