先輩社員インタビュー

総務経理部

パイプ役として会社に貢献

[2017年中途入社] 総務経理部 総務経理課 主任

キャリアステップ

2017年9月/入社 総務経理部配属、2019年5月/主任昇進

フラットな社風がチャレンジの支え

私の前職は空間デザインの会社で、家具の仕入れ担当をしていました。その前は旅行会社で営業事務をしていて、総務経理の経験はなかったのですが、自分の経験や身に付けた力を他の職種で試してみたいという思いから転職を考えました。そんな時に転職サイトで当社の募集を見つけ、業種も職種も違うことにチャレンジしてみたいと思い応募しました。1社目の面接だったのですが、フランクで話しやすい雰囲気で、雑談も交えながら身構えることなく話せたこと、未経験のチャレンジに対して、私自身のことを理解して採用を即決してくれたことで、私もすぐに決意が固まりました。通勤にも便利な場所であったこともポイントです。
部署間の垣根がないフラットな社風で、上司にもすぐに相談しやすい環境は、初めての職種にチャレンジする私にとってはとても心強く、今でも当社の強みだと感じています。社員同士の関係性の良さは仕事のスピードに繋がりますし、新しいメンバーが入っても誰でも対応ができるチームなので安心です。

社内の潤滑油として頼られる存在に

総務経理部は部長含め5名のチームで、総務と経理で業務分担をしています。総務は商品の受発注や在庫管理、タイムカードや健康診断等のスケジュール管理など、経理は契約書類チェック、売上や仕入管理、請求書発行、小口現金や自動引き落とし管理などを担当します。どちらも電話応対やメール対応は日常的にあり、システムやエクセルなどパソコンを使った業務がメインです。総務経理には全部署の情報、社内の困り事や問題が集まってきます。状況判断が求められますが、様々な問題解決の促進役であり、各部署のパイプ役です。皆の仕事の様子が見えるので、早めにフォローすることでミスを未然防止できたり、「助かったよ」と言ってもらえることや、営業担当者に繋いだ新規のお客様が契約に至った時はとても嬉しいです。
私は経理を1年、総務を1年、次は違う部署の経理と様々な仕事を経験し、今は主任として新人の指導係も任されています。社内コミュニケーションにおいては前職の経験が活かせていて、新しい仕事にもチャレンジできるので、常に柔軟な姿勢を心掛けています。今後の目標としては、社内には担当が曖昧な業務がありますので、それを可視化して不要なプロセスをなくし、効率化を図れるよう社内改善を進め、社内の潤滑油となることです。