新入学と防犯

2022-04-25 14:13:24 投稿者:技術工事部 廣田 賛美

新年度になり早くも半月ほど経ちました。

この時期は入学式や入園式で訪問させていただいている施設関係者様はとても忙しそうです。
また、新入学生が交通安全指導や防犯指導を受講している場面を目にする機会も多くなりました。
子どもたちが安心して過ごせるように、セキュリティハウスも地域により一層貢献していければなと思います。
 

| カテゴリ:未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |

普段からの心掛けや積み重ねがもたらすもの

2022-04-25 13:38:11 投稿者:技術工事部 柳澤悟

新年度が始まりましたね。

通学中のピカピカの小学1年生の姿も見かけるようになりました。
入学おめでとうございます!
しかし、保護者の方々は喜びはもちろんですが、いろんな心配事もあることでしょう。
 
お子さんが毎日通う通学路には防犯カメラが設置してあります。
普段、防犯カメラ自体に気が付かなくても「防犯カメラが設置してあります」というような看板は見たことがあるのではないでしょうか。弊社は定期的に点検を行っており、点検中に小学生から声をかけていただくこともあります。防犯カメラには犯罪抑止の効果もあり、点検や清掃を行うことにより更にその効果は増すと考えています。
話は変わりますが、他国では戦争で大勢の子供たちが犠牲になっています。戦争も犯罪も突然起こるものではありません。残念ながらその芽は常にあって、普段からの積み重ねによってその芽が開いたり摘まれたりします。
防犯カメラやセキュリティ機器、これら機器のメンテナンスなどは、その犯罪の芽を少しでも摘むものではないでしょうか。
子供たちの笑顔を守るのは大人たちの仕事ですね。
少しずつからかもしれませんが、先ずは身近なところから安全安心な暮らしに貢献出来ればと考えています。

| カテゴリ:未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |

論より証拠

2022-04-08 14:54:55 投稿者:技術工事部 新川憲一郎

最近、私の住むマンションで点検強盗が発生しました。未遂で被害は無かった様ですが玄関越しで怖い思いをされた方が三世帯もあったそうです。たまたまリフォーム工事をされている住戸があって昼間はオートロックの自動ドアを開放していたが為に、玄関前まで侵入されてしまったとの事です。

 
我が家は75戸くらいの小さなマンションですが最新型のカメラが16台も設置してあるので、今回の点検強盗犯の人相などもしっかり記録されていて捜査しやすい!と警察官が話されていました。犯罪自体を防ぐ事は出来ませんが、カメラがある事での抑止や安心感は実際被害にあって初めて気付くものです。設置してて良かった!と・・・

| カテゴリ:マンション・住宅 | コメント(0) | トラックバック(0) |

安心できるカメラ

2022-04-08 14:44:38 投稿者:技術工事部 嵐友之

防犯カメラ(監視カメラ)の設置台数は年々増加傾向にあると思えます。また、事務所・自宅・車・街頭など設置環境もさまざまになってきてると思います。私は訪問先で「防犯カメラを設置してから安心になりました」の声を聞くのがなによりうれしいです。そこでカメラ導入を検討してる方には「安心」というキーワードで考えていただければと思います。

まずは「生活の安心!」、防犯カメラを設置することにより抑止力を高め安心して過ごす事ができるのか。

次に「機能・価格の安心!」、高画質・高性能・壊れにくい、こんなに高いの?こんなに安くて大丈夫?など安心できる機器・価格を選ぶ。

そして「設置業者が安心!」せっかくいいカメラでもカメラの機能・設置条件に見合う施工をしてくれないと役目を果たしてくれません。

これらの「安心」を考えて十分検討していただき、結果「設置して良かった」「安心できました」の声が聞ければと思います。

| カテゴリ:マンション・住宅 | コメント(0) | トラックバック(0) |

色々使える電気錠

2022-04-08 11:40:48 投稿者:技術工事部 大木武士

ご自宅の防犯で一番最初に考えるところってどこですか?

防犯カメラ、機械警備、色々ありますがまずはしっかりとした鍵が掛かっているのが大前提ですよね。
この鍵もこの20年くらいでかなり防犯性能も進歩し、例えば10年以内に建てられた建造物であれば大半がくディンプルキーという簡単には解錠できないものが使われているはずです。(昔みたいな板を曲げて削っただけ、みたいな鍵は使わなくなってきています)
そして開閉を鍵による手動だけではなく電気信号で行うことができる「電気錠」もかなり一般的になってきていますね。
 
例えば数年前に建てた2世帯住宅の拙宅では、私の世帯・親世帯どちらのインターホンからでも、モニターに応対しながらインターホンのボタンで開錠することができます。
買い物から帰ってきた家族に呼び出されれば、玄関まで行って鍵を開けてあげなくても入れるわけですね。
機種によっては登録したカードやスマートフォンのFeliCa機能をかざすだけで開錠できたり、鍵に付いているボタンで開けられるものもあります。
ここまでは今どきの住宅事情としては、かなり一般的な機能となってきています。
 
 
更に、他の機械と組み合わせる事でさらに便利に使う事もできるんです。
例えば、登録してあるタグを身に着けていれば接近するだけで鍵を開けてくれる機能。
これはタグリーダーという装置と電気錠制御器の組合せで実現できます。
自動ドアと連動すれば特定の人物のみ招き入れることができます。集合住宅の共用部入口等でも便利ですね。
顔認証カメラ、静脈認証装置、指紋認証装置、光彩認証装置等の個人を特定できる装置と組み合わせてカードやタグを持っていなくても出入りを管理することも可能。
電気錠の開閉を制御する装置と個人を特定する装置の組合せで、本当に色々な出入り管理システムが構築できます。
 
あなたの住環境、職場ではどのような運用が便利でしょうか?
防犯専業の弊社でしたら本当に色々なご提案が可能です。
便利さと防犯性能の両立ができるベストプラン、是非一緒に考えさせてください!

| カテゴリ:マンション・住宅 | コメント(0) | トラックバック(0) |