先輩社員インタビュー

システム管理営業部

社会貢献というやりがいと、人の魅力

Tetsuya Yamaguchi[2009年中途入社] システム管理営業部 課長

キャリアステップ

2009年3月/入社 セキュリティ営業部配属、2010年5月/システム管理営業部立ち上げメンバーとして異動
2012年5月/主任昇進、2015年5月/課長代理昇進、2018年5月/課長昇進

人としての関係性や繋がりの温かさ

私が前職のサービス業から転職を考えたのは、息子が小学校入学のタイミングでした。土日休みや給与など条件面を重視して検討していた時、息子が通っていた保育園で嫌がらせなどの事件が頻発。直接的に身の危険を感じたのは初めての経験で、どんな人が守ってくれるのだろうか、頼れるのは警備会社や警察くらいで意外と少ないんだなと思っていた時、当社の求人情報を目にし“セキュリティ”という言葉が響いたのが、当社との出会いです。条件面や営業という仕事内容も希望に合っていたのですが、面接で営業部長の「仕事を通じて社会貢献もできる」という言葉に感銘を受け、入社を決めました。
入社1年強で新部署の立ち上げを任せてもらったり、努力と成果が認められて順調に昇進できたりと、やりがいと手応えを感じています。部署ごとの垣根もなく、わからないことがあれば誰にでも気軽に聞ける、上司部下の風通しの良さも当社の魅力だと思っています。一緒に働く仲間との関係性や、お客様との温かい繋がりが日々の喜びになっています。

毎日が身近な社会貢献

私の仕事は、分譲マンションの管理会社に防犯機器の営業を提案・販売する法人営業です。具体的には、既にお取引のあるお客様にアポをとって訪問し、現状のヒアリングや、お客様が導入されていないシステムや新商品の提案、見積もりや発注をし、フォローをするルート営業活動です。管理会社の規模にもよりますが、平均して1人5~6社を担当。一番需要があるのは防犯カメラですが、AED、宅配BOXなど様々な商品を扱っていて、機器の性能はどんどん進化しているので、常日頃から勉強し、営業活動に活かしています。
防犯機器の提供は、安全を守るという役割に加え、決して安価ではない為、お客様からは大きな期待を寄せられます。責任は重大ですし、工事内容含め多くの知識が必要な点は大変ですが、その分やりがいがあり、ご満足いただけた時には大きな喜びを感じることができます。
今の目標は、日々進化する防犯機器の勉強を怠らず、常にお客様のニーズに合った提案ができるよう成長し続けることです。そして、責任者として、メンバーを増やし育成することで、1棟でも多く防犯システムを導入できるようにし、それによって社会貢献度をさらに上げていきたいです。